前へ
次へ

リノベーションの特徴と工事の規模

リノベーションは、よくリフォームと比較されています。
確かにどちらも建物に対する工事は行いますが、間取りに関する大きな違いがあります。
リノベーションの場合は、間取りに対する工事が含まれていて、時には大規模に部屋の状況が変わることがあります。
壁などの配置を変える事もあり、その工事を行ってみますと、かなり住み心地が変わる事も多いです。
それに対してリフォームの場合は、間取りまで変更される訳ではありません。
リフォームの場合は、もう少し小規模な工事になる事が多いです。
例えば設備です。
住宅の1つの部屋にある設備が交換する事はあっても、リフォームで間取りまで変更する訳ではありません。
あくまでも小規模な工事に限定される訳です。
またリノベーションの場合は、建物全体の工事を行われる事も多々あり、例えば壁を全て撤去するような工事もあります。
しかしリフォームの場合は、そこまで大規模な工事が行われる事はまずありません。

Page Top