前へ
次へ

リノベーションで憧れの古民家暮らし

日本独特の文化が感じられる古民家を、リノベーションして暮らしたいという希望者が増えています。
確かに昔ながらの日本の暮らしを感じられる古民家は、住まいとしてもカフェなどの店舗としても素敵な存在ですよね。
古民家をリノベーションするメリットは、その独特のデザインにあると考える人は多いですが、実はもっと重要なのが材料の強度高いという点です。
木を知り尽くした先人の知恵が活かされた古民家は、とても強い建材が使われていることが多く、今ではなかなか手に入らない材料でできている場合もあります。
こうしたことから資源保護にもつながり、デザインに独自性を出せることが人気の理由となっています。
例えば柱や梁などに使われやすいヒノキは、樹齢100年のものが使われている場合も少なくありません。
伐採から100年後に最も強度が高くなると言われるヒノキは、200年でも300年でも強度が維持されることが分かっています。
建築物になってから1200年、ケヤキでも800年は強度が落ちないと言われていますから、そんなに強い木に守られた暮らしは、どれほど癒されることでしょう。
古民家は古いという字が入っていても、強度に関してはほぼ心配する点がないと言われます。
今では入手できない希少性の高い木々に支えられ、文化を守る暮らしをしてみてはいかがでしょうか。

Page Top